手縫いヌメ革製品の魅力

本日、レザーバリスタが3年半前に納品しましたキーケースを見せてもらいました。

チョコ色のヌメ革で製作したキーケースです。

毎日、毎日、普通にお使い頂いていたのですが、一切の糸のほつれや切れはありませんでした。

もちろん取り扱いによりますが、このキーケースのオーナー様はどちらかというと荒く、毎日ポケットに入れていたそうです。

それでも切れたりほつれたりしないのは、手縫いで特殊な強度のある縫い方が出来る事、ミシンでは縫えない太い糸が扱える事、糸を通す穴が菱形に開いており、バランスよく糸にテンションをかけらる事にあります。

そこに、繊維のつまった強度のあるヌメ革を使う事で長くお使い頂けるのです。

写真の端切れは新品の状態です。
ヌメ革はこれだけ艶やかにエイジングして、しまっていたポケットの形を記憶するかのように馴染んでいくのです。

その分ハンドメイドでコストも高くなりますが、レザーバリスタではできるだけの努力を惜しまないで頑張っていくつもりです!

一度お使いになると、またヌメ革に!となる製品。
ぜひお試しくださいませ^^