革について

生物の革を腐らないように加工することを「なめし」と言います。

お茶の成分で有名な「タンニン」を使用し、なめしの加工を行います。
このタンニンでなめした革をヌメ革と呼びます。

しかし、タンニンを使うなめし方は非常に時間と手間がかかるものなので高コストになってしまいます。

現代では、化学薬品を使ってなめす事でこの時間と手間を効率化させコストダウンを図っております。

表面にも様々な薬品でコーティングすることにより、水や熱、摩擦にも強く仕上げる事もできます。
(ちなみに今の9割以上の革製品は化学薬品でなめしている革を使用していると言われております。)
この化学薬品でなめした革を「クロム革」と呼びます。

もちろん、どちらも本革と呼びます。

化学薬品でなめしたクロム革は、革自体の風合いや使っていくうちにでてくる「味」がタンニンなめしのヌメ革に比べると人工的です
最初は硬く感じても、時間と共に柔らかく馴染む革の風合いや、飴色に経年変化したり、摩擦等で艶やかになるエイジングもヌメ革の特徴です。

クロム革は有害物質を発生する恐れもあるようですが、タンニンは土にも帰えせるので環境にもやさしいのです。

レザーバリスタの全商品は、すべてヌメ革を使用し製品を作っております。
接着剤に至るところでも、ホルムアルデヒドは一切使用していない接着剤を使っております。
それがお客様や未来のお客様をおもてなしする心使いだと思っております。